トップページ > 在宅医療の薬剤師年収

在宅医療の薬剤師年収

最近いろいろな形態の薬局が増えていますが、中でも注目なのが在宅医療を行ってくれる薬局です。在宅医療とは、通院するのが困難な患者さんのに対して、自宅で診察や投薬を行う医療のこと。高齢化社会が進み、お年寄りの通院が困難になることが増えることが予想される今、在宅看護のように薬剤師が自宅に出向いて服薬指導などを行うケースが増えているのです。

在宅医療を行う薬剤師になるメリットは、やはり患者さんと直接触れ合うことによってやりがいが感じられるということです。患者さんに信頼してもらえると嬉しいですし、自分が投薬指導した患者さんが徐々に改善するのを見るのも良いものです。薬を販売するだけではなかなかその後の経過まで見届けることができないため、こうしてより患者さんに近い立場で薬剤師としての業務を行いたいという人が増えているのです。

しかし、在宅医療の薬剤師は簡単な仕事ではありません。基本的には一人で患者さん宅を訪問するため、患者さんの状態をきちんと把握して医師や看護師に相談することも必要ですし、なかなか協力してくれなかったり、心を開いてくれない患者さんもいます。それだけに、高いコミュニケーション能力と、医薬品や身体についての深い知識が必要になる難しい仕事なのです。ひたすら処方箋通りに調剤する調剤薬局の薬剤師とは違い、その場で臨機応変に対応することが求められるため、ある程度経験も必要になってきます。

そのため、在宅医療の薬剤師は一般の薬剤師に比べて給料も高めであることが多いです。年収にして500万円前後というのが相場でしょう。スキルを磨けばもっと高い年収を得ることも可能ですし、お年寄りは今後も増えますから仕事がなくなることは考えられません。

在宅医療の薬剤師は、医師や看護師とチームを組んで、患者さんを定期的にケアするのが一般的です。その点ではチーム医療ということになりますから、患者さんのためにどうすればよいのかを考え、協力していかなければなりません。訪問医療はまだまだ試行錯誤の段階であり、上手く機能させるためには医師や看護師、患者さんやケアマネージャーと一緒になって、患者さんひとりひとりに合わせた方法を考えることも大切です。患者さんが自宅で安心して療養生活を送れるように、薬剤師に何ができるのかを探していかなければなりません。そういった点でも、その場の状況に合わせて適切な対応ができる薬剤師のニーズは高く、募集も増えているのです。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!