トップページ > 薬局長の薬剤師年収

薬局長の薬剤師年収

医療機関も薬剤師にとって重要な就職先のひとつです。現在では病院と調剤薬局が分業化しているケースが増えていますが、総合病院など規模の大きな施設では院内に調剤薬局を設置しています。外来の患者への処方はもちろん、病気によっては海外から輸入された医薬品を使用したり、入院患者に使用する薬を処方するためです。こうした調剤薬局を設置した医療機関には薬剤部という部署が設置されています。医療機関における調剤業務を統括するための部署ですが、そのトップに立つのが薬局長、あるいは薬剤部長と呼ばれる役職です。当然他の薬剤師よりも責任が重い分、高収入となっています。

薬局長の薬剤師年収はどの程度なのでしょうか。一般的には医療機関では医師の次に収入が高い役職として位置づけられており、平均年収は650万〜900万円程度。幅があるのは医療機関の規模によって差が出てくるからです。この点に関しては具体的なデータもあり、400床以上の医療機関では平均年収が約900万円と非常に高い水準になっているのに対し、200〜299床だと約750万円、100未満では630万円程度となっています。

この医療機関の規模による違いは、取り扱う患者の数が多くなればなるほど働く薬剤師の数も多くなること、診療科が多く設置されればそれだけ扱われる薬剤の種類も増えることなどが理由として挙げられます。その分薬局長の責任が重くなるわけです。この点規模が大きい企業の方が利益が大きく、その分高収入が期待できる一般企業のサラリーマンとは事情がやや異なります。なお、調剤薬局で働く薬局長の年収のピークは650〜700万円。やはり医療機関の薬局長、薬剤部長の方が高収入となります。

ただ、責任あるポストに就く場合には当然実績の積み重ねが大事です。薬剤師としてのキャリアはもちろんのこと、その医療機関でどれだけ長く勤務して信頼と実績を積み重ねてきたかどうか。薬剤師は離職率が高い仕事ですし、薬剤部のトップは一つの病院に一人しかいないわけですから、この仕事に就くのは簡単ではありません。平均年齢も50代前半、勤続年数も20年以上が前提となります。この点は調剤薬局でも事情はそれほど変わらないでしょう。

製薬会社のように目立った成果を挙げる職場ではなく、求められる役割を着実にこなしていくことが求められる職場です。一歩間違えば命に関わるだけにプレッシャーもありますが、成果に追われることもなく薬剤師本来の業務に専念できる仕事ともいえます。性格的にノルマに追われる仕事は向いていない、一つのところで長く働き続けたいと思っている人は将来的にこのポストを目指して就職先を判断するとよいのではないでしょうか。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!