トップページ > 都道府県別の薬剤師年収<都会と田舎の比較など>

都道府県別の薬剤師年収<都会と田舎の比較など>

一般的には、どんな職種でも東京が最も平均年収が高く、田舎行くにつれて下がっていくものです。しかし、薬剤師はそれに当てはまらない数少ない仕事といえるでしょう。都道府県別に見た薬剤師の年収ランキングで上位に来るのは、大分県、鳥取県、島根県、山形県など。薬剤師だけではない、全体の年収のランキングで見ると、かなり下の方に位置する県ばかりです。つまり、一般のランキングとは完全に逆転していることになります。

これは、地方の薬剤師不足の深刻さによるものです。つまり、それだけの金額を出さないと地方では薬剤師の採用が難しいという現実があります。他の職種であれば、出来る人がいなければ初心者から育てたり、出来ないながらも規模を縮小するなどしてなんとか営業できますが、薬局の場合は薬剤師がいないと販売できなくなってしまうので問題は深刻です。しかし、家が転々としかないような田舎になると近所に薬剤師が存在しないということも多いため、求人を出しても全く応募が集まらないことも多いのです。そのため田舎に行くと、薬剤師を時給5〜6000円で募集していたりと目を疑うような求人票を見ることがあります。

逆に都会に行くと薬剤師が余っているかというと、東京ですら余っているというほどではありません。そのため、仕事が見つからないという心配はありませんが、給料はそこそこということになります。もちろん薬剤師のパートは一般の販売のパートに比べると高時給ですが、田舎のような破格の時給での求人は行われていないということです。

また、薬学部を設置していない大学というのは意外と多く、中には県内にひとつも薬学部がないという県もあります。そうなると、県内で薬剤師が輩出されないのですから、薬剤師が足りなくなるのも当然でしょう。薬学部がない県としては、秋田県や山形県、関東では茨城県になります。その他には和歌山県、山梨県、奈良県、福井県、鳥取県、島根県、山口県、高知県、佐賀県、大分県、鹿児島県、沖縄県があります。先ほど挙げた、薬剤師の年収の高い県はすべてここに含まれていますし、交通の便が便利な茨城や奈良、和歌山などであれば県内になくても関東圏や関西圏の別の大学に通うことができますが、隣県である山口や鳥取にも薬学部がなく県内にもない島根県などは不足するのが当然でしょう。薬剤師の給料は、薬剤師不足の深刻度と比例しています。薬剤師が郊外の高い給料の求人に応募することは、薬剤師不足の解消にもつながって一石二鳥ということになります。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!