トップページ > 薬剤師の年収「高い」の定義は?

薬剤師の年収「高い」の定義は?

よく、薬剤師は年収が高い、という人がいますが、決してすべての薬剤師が高い年収を得ているわけではありません。たとえば、調剤薬局に勤務する50歳の男性の場合、だいたい500〜600万円前後で給料が頭打ちになることが多いので、同年代のサラリーマンの平均と比べても安い給料になってしまいます。また、病院勤務の薬剤師の初任給は、6年制の薬学部を出ても月給20万ちょっと、ということが多いですから、同い年で4年制の大学を卒業したサラリーマンの方が多いということもあるでしょう。しかも、薬学部は一般的に学費が高いため、薬剤師になるためのお金もかなりかかっているのです。

それでは年収が「高い」とはどういうことかというと、若い女性の薬剤師の場合、薬局に勤務すれば年収400〜500万円になります。しかし、若い女性が事務職で働いてもそれだけの年収を得るのは困難です。この場合は薬剤師の年収は高い、ということになります。つまり、年齢や属性の割に年収が高いと、私たちも「高い」と認識することになるのです。

もう一つ、年収が高いと感じるポイントは、求人の際の金額です。最近は就職難も影響して初任給は下がりつつありました。低い初任給でも仕事を求める人がいたからです。しかし、薬剤師の場合は現在でも売り手市場が続いているため、高い年収で求人を出さざるを得ません。そうなると、求人欄には、年収400万円以上、500万円以上などいった、一般の人にはなかなか提示されない金額での求人が多くなります。つまり、一部の薬剤師の初任給の高さが、薬剤師の年収が高いという認識を生み出しているのです。

ちなみに、本当に薬剤師で年収が高いのは、ドラッグストアの本部スタッフや、売り上げの高いMR、実績のある研究職などでしょう。こういった人たちであれば年収1000万円を超えている人はたくさんいます。薬剤師になるのに高い学費が必要であることや勉強が難しいこと、国家試験があることを考えると、やはり一般の人たちの年収よりもかなり高くないと「高い」と定義することはできません。現在一般のひとの年収の平均が450万円前後ですから薬剤師の年収が高い、と言い切るためにはやはり700万円くらいの年収は欲しいところ。そうなると、薬剤師の中でも年収が高いのは一部の人、ということになってしまいます。しかも、ドラッグストアの本部スタッフやMRなどは、薬剤師の資格がないと出来ないというわけではありませんから、薬剤師で本当に高い年収を得るのは難しいのです。その代わり、就職が決まらないということはまずありませんので、不景気になっても安定感は抜群。今はその方が価値があるのかもしれません。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!