トップページ > 新卒の薬剤師年収

新卒の薬剤師年収

薬剤師を目指し、大学を卒業し、晴れて薬剤師としての生活をスタートさせた場合、新卒者として獲得できる初任給は、平均して、22万3000円程度というところが相場のようですね。実は薬剤師の給与は、この不景気な状況下でも年々上昇しているという現状があるのです。それは年々薬剤師の需要が高くなっていて、薬剤師不足の状況にあるからなんですね。

たとえば薬剤師の転職先のひとつとして、ドラッグストアが挙げられます。ドラッグストアに正社員として勤務した場合には、月収で約25万円から35万円前後と言われています。年収に換算してみると350万円から450万円というのが相場ですね。この年収にプラスして、薬剤師としての資格手当がプラスされる形になります。

次に調剤薬局に勤務をする薬剤師の場合です。初任給は月収で約22万円から30万円と言われていて、年収に換算してみると、350万円から400万円というところが相場ですね。病院勤務の薬剤師であったり、ドラッグストア勤務の薬剤師と比較してみると、低い傾向があるというのが、一般的な相場のようですね。しかしながら、他の職種と比較してみると、当然に給与は高く、福利厚生が整っていることが多いこと。また残業などの量が圧倒的に少ないということが挙げられます。決まった時間内でしっかりと働き、平均的な収入よりも高めの給与を獲得できますから、仕事をゆっくりと覚えていくという面でも、新卒の薬剤師には人気の高い職場であると言われています。

また一度結婚をし、子供などを出産し、育児もひと段落した後に、再就職をする先としても、人気の案件が調剤薬局の薬剤師になりますね。理由は安定しているということと、時間の計算がある程度にしやすいというところにあります。

製薬会社に企業薬剤師として勤務する場合には、初任給は22万円。年収に換算すると300万円前後と言われています。初任給の時点ではあまり高いということは言えませんが、年々の昇給率が他の職種に比べて高く、生涯の年収を比較してみると、圧倒的に製薬会社での企業薬剤師が高い結果になります。

また病院内での薬剤師勤務ですが、初任給は、その働く病院の規模や法人の大きさなどによって、かなり大きく左右されることになります。小規模な病院や過疎化が進んでいる地域であれば、いくら大学病院であっても、他の薬剤師と比較して、給与がやすいという現実もありますから、病院勤務の場合には、内情を知っておくのが就職成功のコツだと言えるでしょう。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!