トップページ > 製薬会社の薬剤師年収

製薬会社の薬剤師年収

多くの薬剤師が就職を望むのが製薬会社。安定した雇用環境、キャリアに応じて確実にアップしていく収入、そして仕事に対するやりがい。とくに新薬開発は薬剤師の華ともいえる仕事のため人気があります。では製薬会社の薬剤師年収は実際にどの程度なのか、世間で思われているほど高い収入が期待できるのでしょうか。

じつは製薬会社の薬剤師年収の平均は簡単には出せません。とくに近年になって役割の多様化が進んでいるため、おなじ会社に雇われている薬剤師でも業務内容と収入が大きく異なるケースがあるからです。おそらくほとんどの人は新薬開発業務を連想するでしょう。しかし他にもMRや品質管理薬剤師などの仕事もあります。

ではまず新薬開発の年収を見てみましょう。製薬会社の規模によって多少の違いが見られますが、800万円程度が平均とされています。調剤薬局が650万円程度でピークを迎えることを考えればやはり高い水準にあるといえるでしょう。また40代以上になると現場の責任者やマネジメント業務に関わるポストに就くことで900万円、1000万円を超えるケースも見られます。こうして見るとやはり高収入が期待できる仕事といえるでしょう。

それから品質管理薬剤師。こちらは製薬会社のほか、総合商社や食品メーカー、化粧品メーカーからの需要も増えている仕事です。おもに医薬品の品質管理を担当するわけですが、製薬会社での勤務では原材料の品質管理や海外から輸入した医薬品の管理、安全性の確認といった新薬開発にも踏み込んだ業務を行うことが多いため、より高収入が期待できます。こちらも年収800万円を超えることも珍しくありませんが、その分実績や語学力、交渉力などさまざまな条件が求められるため、高収入を得られる立場になるまでには時間と努力が求められます。待遇もよい仕事ですが、その待遇とポストを手に入れられる薬剤師は限られていることは覚えてきましょう。

もっとも平均年収の把握が難しいのがMR。おもに医薬品の営業を担当する仕事です。そのため厳密な成果主義が導入されており、結果いかんで高収入を得ることも可能なら、低収入に甘んじなければならない可能性もあります。

このように、製薬会社の薬剤師年収は総じて高収入ですが、その立場を得るため、維持するためにはそれなりの努力と能力が求められます。年収目的だけでなく、自分にとって本当にやりがいのある職場なのか、プレッシャーよりもモチベーションを感じながら働いていくことができるかが職場選びの際に重要なポイントとなってくるでしょう。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!