トップページ > 大手の薬剤師年収

大手の薬剤師年収

調剤薬局や、ドラッグストアの中には、何十店舗や何百店舗も同じ企業が運営していることがあります。いわゆる大手チェーンということです。薬局などに勤務する場合、大手チェーンを選ぶのと、個人店舗を選ぶのではどのような違いがあるのでしょうか。

一般的には大手のほうが待遇が良いように思われがちですが、薬局に関しては大手のほうがやや給料は低い傾向があります。大きな差があるわけではありませんが、平均にして年収50万程度の違いでしょうか。平均年収にすると大手が平均500万円前後、小規模薬局が550万円程度です。

薬剤師の場合、年収はどれだけ採用が難しいかによって違うケースが多いです。つまり、求人に人が集まらない薬局ほど、年収が高くなる傾向があるのです。僻地や離島での薬剤師求人が破格の高給与になっていることからもそれはわかるでしょう。その点では大手の薬局は人が集まりやすいというメリットがあります。組織として大きいので、倒産の心配がなかったり、経営が安定しているというのがその理由のひとつでしょう。知っているチェーンのほうが安心できるという人もいます。個人薬局の場合はオーナーの意向がストレートに反映されてしまうので、それが面倒に感じるというのもあるでしょう。そのため、個人の薬局と大手の薬局が並んでいると、大手の求人に応募する人が多くなるのです。

実際には大手の場合は給料こそ安くても、福利厚生がしっかりしていたり、保養所などお得な待遇があったりと、多少の給料差を補うことができるところも多いです。また店長も雇われ店長ということで、お互い気楽に働くことができるというのも多いでしょう。設備の点でも大手のほうが整っていることが多いです。また、大手の場合は一般の薬剤師として働いているときは給料が安くても、管理薬剤師や店長、エリアマネージャーと出世することで給料がアップすることも期待できるでしょう。出世ができた場合は最終的には大手で働いているほうが給料が高くなる可能性は高いです。管理薬剤師になるだけで年収は100万円前後アップしますし、エリアマネージャーになれば年収7〜800万円ということも珍しくありません。その点個人の薬局や小規模の薬局の場合は出世するという希望がないため、そのまま働き続けてわずかに昇給するか、独立するくらいしか方法はなくなります。大手チェーン薬局で働くなら、出世を目指すことで仕事の幅路広げ、給料アップも実現していきましょう。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!