トップページ > 年齢別の薬剤師年収<20代・30代・40代・50代>

年齢別の薬剤師年収<20代・30代・40代・50代>

薬剤師の年収というものは、果たしてどのくらいなのか気になりますよね。自分が薬剤師として勤務している場合には、平均的な給与よりも上であれば、満足を得ることができますし、下回っていれば、同じ仕事をしているのだから不満に感じることでしょう。

薬剤師として働く場合、大きく分けて、4つの職種に分けることができます。しかしほとんどの薬剤師の場合は、調剤薬局やドラッグストアへの勤務を選択するようですね。このいわゆるお店勤務の薬剤師をターゲットに、年代別の年収を紹介しましょう。

まず新卒者として勤務を開始した場合の給与は、平均して400万円前後と言われています。勤務期間が3年ほどを迎える頃には、500万円前後になっていることところがほとんどだと言われています。ドラッグストアなどはチェーン展開などをしている場合などによって、差異はありますが、400万円スタートから年々増収が期待でき、前述にあるような500万円までは数年で到達することができるでしょう。店長クラスになれば、年収で700万円以上を得ることも可能です。調剤薬局の場合には、700万円程度が頭打ちとされていて、それ以上の増収は期待できないというのが相場です。

さて、きになる年齢別の平均収入ですが、20歳から24歳までの平均月収は約30万円。平均年収は375万円前後が相場です。新卒であり、まだまだ薬剤師としてのスキルも低いことを加味すれば、妥当なところでしょうし、他の職種に比べてみると随分高収入であると言えるでしょうね。次に25歳から29歳まで。平均月収は33万円前後。ボーナスの増収が期待でき、60万円前後のボーナスが期待できますから、平均年収は460万円前後が期待できます。

30代にもなれば、年収は35万円以上、45万円以下という程度が多いでしょうか。ボーナスも130万円前後が期待でき、530万円から650万円の収入が期待できますね。40代になると、月収は45万円前後から47万円程度。ボーナスは150万円前後を獲得できるでしょうから、年収に換算すると、670万円から700万円前後というのが妥当なところだと言えるでしょう。50代では、49万円から53万円前後。年収は700万円から710万円前後が相場になっています。

ちょっとずつではあるものの、年収は確実に増加していくというのが、薬剤師の年齢別の収入になると言えますね。ただし60歳の定年を迎えると月収は30万円前後の初任給と同等になり、年収も450万円前後に戻るというのが一般的なようです。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!