トップページ > MRの薬剤師年収

MRの薬剤師年収

製薬会社で働く薬剤師のなかでも特殊な部類といえるのがMRです。この仕事は製薬会社において医薬品の営業を担当する仕事です。いわばセールスマンとなるわけですが、扱う商品が医薬品だけに一般のセールスマンとは求められる業務内容もスキルも異なります。仕事先は病院など医療関係の機関となるほか、単に商品を売るだけでなくその効果や安全性などをしっかりと説明し、責任を持つ必要があります。この職業に就くためにとくに専門的な資格は必要ありませんが、こうした業務内容から薬剤師がもっとも適任とされているのです。現在、国内で5万人以上がこの職業で活躍しているといいます。

ではMRとして働く薬剤師年収はどの程度の水準にあるのでしょうか。世間一般のイメージでは驚くほど高収入だとされています。実際、有名企業で勤務するMRは年収1000万円を超えるケースも稀ではなく、中には1200万円というケースも見られます。ただ、これはあくまでもっとも高収入な例です。この仕事は厳密な成果主義が導入されていることが多いため、誰もがこのような高収入を得られるわけではありません。

一般的にこの仕事の薬剤師年収の平均は400万〜1200万円とされています。この幅の広さを見てもどれだけ成果による収入の格差が激しいかがわかります。ただ、結果を出せなければまったく収入を得られないといったことはなく、30代〜40代なら平均で650万円程度の収入は得られるといわれています。この数字はちょうど調剤薬局で働く薬剤師の年収のピークにあたります。そう考えるとやはりそれなりの水準にあるといってよいでしょう。結果に対するプレッシャーに耐えられるかどうか、それをやりがいに結び付けられるかどうかが適性を決める鍵となりそうです。

ではもう少しこの仕事の収入を具体的に見てみましょう。成果主義が徹底しているといっても給与のすべてが結果で決まるわけではありません。基本給や手当てなども用意されています。たとえば営業手当てでは1日につき3000円〜8000円程度を受け取ることができます。つまり1ヵ月に20日間営業に出ただけでも6万〜16万円の収入が得ることになります。もっともこの手当てには交渉先との接待や会食などの費用も含まれています。他にも年2回のボーナスに加えて実績賞与を年1回用意している製薬会社が多いようです。

このように、年収1000万円を超える職業といったイメージや、結果を出せなければ収入を得ることができないといったイメージはやや誇張気味です。しかし成果に対するプレッシャーこそあるものの、比較的安定した環境で高収入を目指せる職業といえます。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!