トップページ > 企業の薬剤師年収

企業の薬剤師年収

薬剤師としての転職を考えたとき、そのひとつの転職先として企業薬剤師として働くケースが考えられます。企業薬剤師は、勤務先によっても給与面がかなり変化するとされていますが、製薬会社などで勤務をし、営業職である場合には、年収は700万円から800万円前後の年収が獲得できると言われています。もちろん「営業職」であるために、薬剤師としてのスキルよりも、営業マンとしての営業スキルやコミュニケーションスキルが重要視されることは言うまでもありませんよね。

同じ製薬会社に勤務する研究職の企業薬剤師の場合が一番高額の年収を見込むことができますが、その企業の規模であったり、研究費助成などの兼ね合いもあって、中には自腹で研究を行っているという薬剤師さんも存在しているようですね。企業看護師としては、他にも医薬情報担当者として、営業職につくという方法も挙げられます。

営業職といっても、薬剤師の資格を有していることで、給与の中には資格手当というものが高額に付加されるということが期待できるわけです。薬剤師としての豊富な知識や現場経験などを活用すれば、薬剤師の経験がない営業職に比べると、独自の営業スタイルが確立することもできるでしょうから、本人のやる気次第で年収をアップすることはできるでしょう。

企業で働いている薬剤師の中には、調剤薬局などで働く薬剤師よりも、年収が低いという場合もあります。営業職などの場合では、成果主義の年収査定を行っていることが多いために、営業成績が悪ければ、当然に収入が下がるということも十分に考えられることなのですよ。一般的に給与面では他の薬剤師よりも高給になっていることが多いとされている企業薬剤師ですが、当の本人の頑張り次第で年収は大きく左右されることになるということを覚えておきましょう。

営業職として製薬会社に勤務した場合、時間外勤務などが増えることもありますから、決められた時間の中で、安定した収入を得たいとか、家庭があって、空いた時間で薬剤師としてのスキルを活用したいという場合には、企業薬剤師の営業職はあまりおすすめできるものではありませんね。

また研究に対して成果を求められるということもありますから、プレッシャーなどに弱いという人間や、研究費の支援打ち切りなどの憂き目にも見舞われるために、逆境に弱いというタイプの人間も、企業薬剤師の研究職は避けた方が無難だと言えるかもしれませんね。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!