トップページ > 研究職の薬剤師年収

研究職の薬剤師年収

製薬会社や化粧品会社で新成分を生み出したり、新商品を開発する研究職は、薬剤師にとっても人気の職業です。しかし、研究職として働く職場や人数が非常に少ないこともあって、簡単になれる職種ではありません。なるためには、最低でも大学院は卒業していなければなりませんし、そこそこ名の知れたメーカーでの研究職となると、有名大学の大学院を卒業した人ばかりです。

そんな狭き門の研究職ですが、給料は勤務先やその人のポジションによってかなり幅があります。やはり大企業や有名企業のほうが給料は高くなる傾向がありますが、そういった企業に勤めているからと言って誰もが高給というわけではありません。研究職というのは、個人の能力も大きく左右しますから、能力に応じて給料が支払われるケースもあります。たとえば、希少な成分を発見したことによるインセンティブがある企業もありますし、開発した商品の売り上げに応じて給料が変動するところもあります。そうなると、デキる研究者は年収800万や1000万円も夢ではありませんが、人によっては薬局勤務のほうが高いのでは?ということもあります。

また、インセンティブなどを除いても、企業勤務の場合は薬局に比べて昇給が大きいので、歳を取るにつれて給料が着実に上がっていき最終的には薬局勤務の薬剤師よりもかなり高い給料になるケースも多いでしょう。薬局勤務の場合は、薬剤師不足のため初任給は高いものの、40〜50代で昇給がストップすることも多いため、生涯賃金で言うとそれほど高くないというのもあります。

ただし、研究職の場合は給料の高さだけでなく、好きでその仕事をやっている人も多いので、給料の額だけで判断することはできません。特に、小さい会社の研究職になると、薬剤師としての手当てもろくにつかない場合もありますから、金額としてはあまり期待できないでしょう。しかし、研究職のやりがいは、自分の研究によって新しい発見をしたり、何かを生み出したりすることですからお金にこだわっていては出来ない仕事です。そもそも、研究職につくだけでも大変ですから研究職を目指す場合は大学進学の時から意識して上位校に入る必要があります。毎日自分のやりたい研究に没頭して、上手くいけば高給がもらえる仕事ですので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。お金だけを求めるのであれば、同じ製薬会社でも営業色の強いMRなどを選んだほうが儲かります。薬剤師は勤務先によってかなり仕事内容が異なるので、どんな仕事をしたいのかよく考えることが大切です。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!