トップページ > 保健所の薬剤師年収

保健所の薬剤師年収

保健所で働く薬剤師は原則として公務員としての扱いとなります。そのため安定した雇用環境と昇給が期待できるので就職先として人気があります。とくにこれからの時代、薬剤師が過剰になるとの予想が立てられているため、保健所が就職先として注目されている状況です。

保健所は各都道府県、市町村に設置されており、地域住民の医療に深く関わる重要な役割を担っています。実際の治療業務こそ行いませんが、検診の実施や健康問題に関する相談業務、啓発活動などが代表的な業務として挙げられます。他にも栄養指導や子育てに関する相談・支援、環境衛生や薬事衛生、食品衛生なども重要な仕事です。高齢化の進行もあり、その役割が重要度を増している状況です。そんな保健所で働く薬剤師の主な仕事はやはり衛生管理。たとえば購入した市販の医薬品に副作用などの問題が見られた場合に検査を行う、あるいは医薬品に関する情報提供や医薬品を取り扱う業者の許認可、問題があった場合の改善指導なども薬剤師が担当することになります。違反が著しいと判断された場合には行政処分の検討も行います。住民と直接かかわる機会よりも住民が日々の生活の中で安心して医薬品を使用し、健康に役立てられるための環境作りを担うのが主な仕事といえるでしょう。

調剤薬局やドラッグストアでの勤務に比べると表に出る機会が少なく裏方的な役割となる保健所での薬剤師、そのため収入や勤務環境などの実態が中々見えてこない面もあります。薬剤師が就職を目指す場合にも実際にどんな環境なのか事前に知ることが難しいのです。実際のところ、保健所で働く薬剤師年収はどの程度の水準となっているのでしょうか。

冒頭に挙げたように、原則として公務員としての扱われるため、給与に関しても公務員の基準に基づいて支払われます。参考になるのは薬剤師の資格を保持している公務員の平均初任給。これが20万8000円ほど。これに各種手当てがプラス1〜5万円程度。これを高いと見るか低いと見るか判断が難しい人も多いでしょう。公務員の場合はこれにプラスボーナスがつきます。一般企業と異なり確実に受け取ることができますし、平均して2.5ヶ月分ほどとなります。初年度の年収は300万〜400万円程度でしょうか。調剤薬局や製薬会社の平均年収は初年度で450万円程度といわれていますから、数字だけ見るとやや低い水準となりますが、昇給が確実に行われていくため10年程度で逆転するとも言われています。長く勤められる公務員待遇の保健所は、長期的な視野に立ってみればやはり恵まれているといってもよさそうです。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!