トップページ > 薬剤師の年収「低い」の定義は?

薬剤師の年収「低い」の定義は?

薬剤師として転職や就職を考えたとき、やはり気になるのは、その給与面ではないでしょうか。薬剤師と一言でいっても、働く場所はさまざまにあり、それぞれに収入は変わってくることが分かっています。そして仕事の内容なども当然に変わってきますし、求められるスキルなども変わってきますから、転職や就職をする前に、薬剤師としての方向性をしっかりと決めておいたり、磨いておくべきスキルを、ちゃんと把握していることが大事になってくるでしょう。

たとえば調剤薬局に務める場合と、病院内にある薬局で勤務する場合。また製薬会社に企業薬剤師として入職し、営業職を取るのか、研究職を取るのか。他にもドラッグストアで勤務するという方法もあります。

一般的に薬剤師として働いた場合、30歳くらいの年齢になったときの平均給与は530万円前後というのが相場としてあるようです。薬剤師の場合、350万円から400万円程度からスタートし、勤務年数の3年目を迎える程度で、500万円台の年収に達するというのが、平均的な相場だとされています。

つまり、企業や病院などの規模にもよりますが、350万円程度の初年度年収、また3年程度の勤務で500万円台に乗っていない年収の場合には、平均的な薬剤師さんの年収よりも低いという判断ができるわけです。同じ仕事をしているのに、一般的な平均よりも下回っているのであれば、転職を考えるべきだと言えるでしょう。もちろん転職を決めるのは、年収などの給与面だけでなく、人間関係や、働きやすさ、自宅から近いとか、何かと融通が聞くなどの職場環境にも左右されます。

しかしながら年収が低いということも、転職のひとつの指針となるのは事実としてあることでしょう。ですから全国的な平均年収を覚えておき、それを下回っていれば、給与が低いと判断しましょう。もちろんその知識などによっての相場がありますから、全国平均と比較し、単純に低いと判断するのは早急です。

こういった場合にはその知識の医療状況に詳しい、医療系専門の転職支援サイトを利用するのが一番ですよ。特に年収アップや、待遇面を良質なものにしたいと考えている場合には、かなりおすすめです。その土地土地の医療系職業の事情なんてものは当然のように把握していますし、クライアントである調剤薬局やドラッグストアや病院施設などの現状を把握していることが当然として求められるわけですから。こういったサイトに登録し、現状の自分の年収などが妥当なものであるかどうか確認するだけでも、利用してみる価値はありますよ。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!