トップページ > 外資系の薬剤師年収

外資系の薬剤師年収

薬剤師の中には、外資系の企業で活躍する人もいます。外資系の仕事にもいろいろありますが、まず考えられるのは化粧品や医薬品の外資系メーカーで働くということです。外資系の医薬品メーカーも、MRとして病院を回るのは日本人のほうが都合がいこともありますし、商品は海外であってもその販売促進を日本で行うのであれば日本市場に詳しい日本人のほうが適しているのです。そういったこともあって、現在外資系で働く日本人薬剤師は増加しつつあります。

一般的には外資系というと高給与をイメージするかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。資本が海外だというだけで、給与体系は日本の企業とほとんど変わらない企業も少なくありません。しかし、実際に高給与の外資系企業もあって日本円で年収1000万円というのもザラですし、同じような仕事をしていても日本企業より年収で100万円前後多いという会社も珍しくありません。こうした会社の多くは、公用語として英語を採用しており、社内でのミーティングは英語だったり、海外出張が多かったりと、英語ができないと仕事にならないことも多いです。つまり、薬剤師の資格だけでなく、プラスアルファの能力があるからこそ得られる高給だということになります。

また外資系の企業は年収こそ高いケースが多いのですが、よくあるのが退職金がないという会社です。これは、習慣の違いということにもつながりますが、退職金やボーナスなどもすべて含んで高い年収を払っている会社もあります。日本人の場合、年収の一部が退職金として積み立てられていると思えば、案外変わりないのかもしれません。そうはいっても、最近は退職金もあまりもらえない会社が増えていますし、場合によっては倒産して退職金が出なかったというケースもありますから、もらえるうちにもらっておくという外資系の方式は安全なのかもしれません。

その他、外資系の会社は、日本の会社に比べて全体的にシビアです。売り上げなどの成果についてはストレートに糾弾されますし、あっさり解雇になることもあります。日本では考えられませんが本当に「明日から来なくていい」ということがあるのが外資系です。実力社会といえばそれまでですし、結果を出せば日本の企業では考えられないほどの見返りもあるのでやりがいはあるのですが、楽な仕事ではありません。とはいえ、薬剤師の場合、再就職のしやすい資格を持っているのですから、多少不安はあっても外資系企業に挑戦してみるのもいいでしょう。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!