トップページ > 調剤薬局の薬剤師年収

調剤薬局の薬剤師年収

薬剤師の転職先として、調剤薬局での勤務という道があります。調剤薬局での薬剤師勤務の場合、平均年収は400万円から650万円というところが相場のようですね。初任給で400万円程度からスタートをし、3年後までには100万円アップの500万円前後というのが、平均的な調剤薬局の薬剤師の年収のようです。

調剤薬局は、薬剤師の転職先として、一番人気が高くメジャーな職場だと言えるでしょう。特に女性の薬剤師の多くが、調剤薬局に転職する傾向が多いというデータがありますね。女性で初任給が400万円前後なわけですから、同世代の新卒者と比べても、高待遇な職業であると言えるでしょう。

また中途採用を積極的に行っている薬剤師の職種も、調剤薬局が一番多いというデータがあります。つまりは求人が見つけやすいということですね。給与の面では450万円から600万円程度というところが平均的な給与でしょう。薬剤師は経験というものが重要視される職業でもありますから、新卒の初任給よりも、高くなるのは当然だといえるでしょう。

調剤薬局での薬剤師の年収は、比較的に早い段階で500万円ほどまでには昇給しますが、その後はちょっとずつ昇給するというパターンが一般的のようです。調剤薬局に勤務している薬剤師にとって、この500万円を達成してから給与を格段にあげたいと思うのであれば、研修認定薬剤師という資格を取得するのが一番の近道だと言えるでしょう。簡単に言ってしまえば、薬剤師として努力してきたことを客観的に評価するための資格と言えるものです。取得をすれば、当然に評価をされていることと同様になりますから、手当がつくことが多いのです。

他にも時間はかかりますが、長い時間をかけて勤務をし、信頼を獲得することができれば、薬局長としての地位を与えられ、管理薬剤師になることが可能です。管理薬剤師になった場合には、年収で言うと、700万円から、高いケースであれば1000万円の大台を超える年収を獲得することも可能です。

他にも経営能力や知識なんてものがあるのであれば、独立をして、調剤薬局を立ち上げ、自らが管理薬剤師として勤務するという方法もありますよ。一般的には勤務薬剤師よりも開業薬剤師の方が給与は高いという傾向にあるのが一般的ですからね。ただこの場合には、ほとんどの病院の周辺にはすでに調剤薬局が存在しているというケースが多いですから、どこの場所に開業をするのかが一番の悩みどころになることでしょう。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!