トップページ > CROの薬剤師年収

CROの薬剤師年収

薬剤師の就職・転職先として注目を集めているのがCRO。製薬会社の新薬開発に伴う治験に関わる仕事です。医療業界全体でアウトソーシング化が進められているなか、治験業務でも専門の業者が医療機関と製薬会社の仲立ちをしながら行うケースが増えています。その治験の現場で作業が滞りなく進められるようコーディネートしていくのがCROの仕事です。正式名称は「Contract Research Organization」。よくSMOと混同されますが、SMOは実際に治験業務を行う医療機関の側に立ってサポートするのに対し、CROは製薬会社の側に立って準備や医療機関との交渉などを行うのが主な仕事となります。

さまざまな製薬会社が続々と新薬を開発しながら競い合っている状況ですから、治験業務の需要も増加傾向にあります。CROの仕事に特別な資格は必要ありませんが、その業務の内容から医療に関する専門的な知識が求められます。そのため薬剤師が適任なのです。また、未経験からでも充分に就職・転職できる点も魅力。調剤薬局以外への転職を希望している薬剤師にとって魅力的な選択肢のひとつとなります。

ではこの職業の年収はどの程度なのでしょうか。いくら魅力ある職場といっても薬剤師年収の平均よりも大幅に下がってしまうようでは転職をためらってしまうもの。実際にこの仕事で活躍している薬剤師はどれぐらいの収入を得ているのでしょうか。

CROの年収に関しては400万〜800万円とかなり幅があります。これは雇う施設によって待遇が異なり、成果主義が導入されているところが多いため、同じ職場で働いていても結果次第で収入に差が出ること、そもそも仕事の量によって収入が異なっていることなどが理由として挙げられます。治験業務そのものは医療機関で行われますから、必要に応じて治験を行う場所へ出張する必要があるなど、なかなか忙しい就業環境となります。こうした仕事をたくさん行えば行うほど、その手腕を評価されてあちこちから声がかけられればかけられるほど収入は多くなります。また家庭の事情などで意図的に仕事の量を抑えているいるため、自分の意思で低い収入を維持しているケースもあります。

ただ、CROの仕事は製薬メーカーの治験業務に関わる品質管理や安全性管理など、幅広い仕事があります。実際の治験が行われていない間にもこうした仕事を行うため、ある程度安定した就業環境と昇給が期待できます。そのためMRのように成果によって極端に年収に差が出るわけではないため、その点はそれほど心配しなくて良いでしょう。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!