トップページ > 病院の薬剤師年収

病院の薬剤師年収

病院薬剤師は、医師の処方箋に基づいて、患者さんの病気や症状に合わせ、薬を作る調剤であったり、薬の効果の説明や、飲み方や服用する際の注意点などを、患者さんに説明するという服薬指導。そして薬品の在庫であるとか、供給などをする医薬品の管理。また医薬品の品質試験。注射剤や、点眼剤、軟膏剤などを調整する製剤も行います。そして院内感染の対策であったり、薬物療法に関して医師に対してのアドバイスなんてものも行うことが求められています。

薬剤師の中でも、病院薬剤師は、患者さんと接する機会。そして医師であったり看護師などといった、他の医療従事者とともに働くケースが非常に多く、薬剤師としての知識や経験はもちろんのこと、コミュニケーションスキルの高さも求められるになります。

このような仕事を任される、病院薬剤師の平均年収は、400万円から650万円とされています。国立の医療機関に従事する場合には、公務員薬剤師となり、年収は他の一般病院よりも当然に高くなります。病院薬剤師の場合、年収を含めた待遇などは、その病院によるところが大きくなっており、大学病院などで勤務をした場合でも、年収が必ずしも高くはならないというのが現状としてあるようですね。地方の大学病院などでも、需要というものがそこまで高くなく、運営に関してきりきり舞いな病院であれば、その街の人気のあるドラッグストアなどで勤務している薬剤師である方が、収入面では上ということもありえるということなのです。

地方の過疎化が進んでいる病院や、離島や僻地など病院勤務の場合には、他の職業よりも上である場合が多く、高待遇をされることは多いですが、医療従事者が少ない地での勤務となるために、生活の不便さというものに加えて、仕事量的にもハードであったり、ボリュームが大きいということを、覚悟しなければならないと言えるでしょう。

全体的な薬剤師の平均給与は、約520万円前後と言われていて、一般的なサラリーマンなどと比較してみると、その差は100万円も高いという現状なのです。不況であったり、経済動向などに左右されるサラリーマンの給与に比べれば、非常に高く、そして安定しているということが言えるのではないでしょうか。

他にも病院勤務の薬剤師は、幅広い分野において、薬剤師の果たす役割が求められるということ。また専門性やスキルを活かした仕事ができる。患者さんと一緒に病気を治していくというやりがいや魅力に溢れた仕事であると言えるのです。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!