トップページ > ブロック長の薬剤師年収

ブロック長の薬剤師年収

たくさんの店舗をチェーン展開している薬局やドラッグストアの場合は、ブロック長になることで薬剤師の年収アップが可能な場合があります。ブロック長とは会社によって違いますが、地区ごとに分けたブロックの責任者というポジションです。呼び方は会社によって異なるので、会社によっては同じ仕事をしている人をブロック長と呼んでいる会社もあればエリアマネージャーと呼んでいるケースもあります。また、両方の役職がいる場合は、エリアマネージャーの上がブロック長というケースが多いでしょう。つまり、何人かのエリアマネージャーを統括するのがブロック長ということです。

そうなると、チェーン展開をしている会社の中でもブロック長はかなりの幹部ということになります。店舗の数や会社の規模にもよりますが、年収1000万円も夢ではありません。ただし、ブロック長は当然自分の受け持ちのブロックについては責任がありますから、売り上げが上がらないと責任を問われることになります。そのため、ブロック長はエリアマネージャーとこまめに連絡を取りながら売上アップのための対策を行っていきます。たとえば仕入れる商品を見直したり、セールを開催したり、広告を出したりといった、店舗が独断で出来な企画を一緒になって行うのもブロック長の仕事です。売り上げという明確な結果が求められるので売り上げが上がらないと立場上難しいことになってしまいます。

もちろんドラッグストアだからといって、ブロック長が薬剤師である必要はありません。しかし、実際に薬剤師がブロック長であるケースが多いのは、やはり商品知識に間違いがないということや、薬剤師不在時に穴埋めができること、社員やパートの薬剤師への指導がやりやすいことなどが主な理由でしょう。もちろん店舗の薬剤師も、資格を持たない上司の言うことは聞かないというわけではありませんが、薬についての知識が豊富な薬剤師のほうが相談しやすいのは確かでしょう。商品に関する相談ならなおさらです。薬剤師としても、出世のルートとしては、店長、エリアマネージャー、ブロック長と上に上がっていくのが順当なので、自然とブロック長の薬剤師が増えるということになります。

とはいえ、ブロック長クラスになると、薬剤師としての業務はほとんどなくなり最も重要な仕事はマネージメントやマーケティングになります。つまり、部下の管理が上手くできてなおかつ経営的な手腕も問われるわけですから、高い給料をもらうのも当然なのかもしれません。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!