トップページ > エリアマネージャーの薬剤師年収

エリアマネージャーの薬剤師年収

最近は、ドラッグストアや調剤薬局もチェーン展開しているところが増えています。数店舗の展開ならよいのですが、数十店舗、数百店舗の店舗展開となると、本部も直接ひとつひとつの店舗の状態を掌握できなくなってきます。そこで、ある程度地域で区切り、その地域の何店舗かを統括するエリアマネージャーを置くことによって、段階的に掌握するという方法をとるチェーンが大半です。エリアマネージャーとはつまり、担当地域にある店舗の統括担当者ということになります。

一般的にはエリアマネージャーは各店の売り上げや人員の管理を行い、利益が出るように店長にアドバイスを行うなどして働きかけることや、本部と店舗の間の連絡を取り持つのが仕事です。その地域の売り上げが下がると、エリアマネージャーの責任が問われますから、経営的な側面も大きくなります。しかし、現在は多くのチェーンで薬剤師がエリアマネージャーをしています。それはなぜかと言うと、「いざというときに便利」の一言に尽きるでしょう。

ドラッグストアなどでは、たいてい1人は薬剤師を常駐させていますがシフトの関係でどうしても薬剤師が入れない時間帯が生じることがあります。薬剤師がいない時間帯ができてしまうと、その時間帯だけ第一類の医薬品の販売ができなくなってしまうのです。そうなると困るので、薬剤師がいない時間帯は他の店舗の薬剤師をヘルプに行かせたり、本部に言ってヘルプ専門の薬剤師を回してもらうことになります。しかし、それも出来ない場合のために、薬剤師がエリアマネージャーになるのです。つまり、薬剤師がエリアマネージャーになっていれば、いざという時に自分がその時間帯店にいれば良いので、簡単に問題が解決するということになります。

経営兼便利屋の側面もあるエリアマネージャーですが、薬剤師の給料の中ではかなり高給で500〜1000万円の年収になります。そもそも店舗の薬品責任者である管理薬剤師というだけで、ドラッグストアで700万円、調剤薬局だと500万円前後の年収になるのです。しかし、管理薬剤師ではこのあたりで頭打ちになりますから、さらに給料アップを望むにはもう一段階出世して、エリアマネージャーになるのが一般的です。ただし、エリアマネージャーは薬剤師としてのスキルよりも、経営やコミュニケーションスキルが必要になる仕事ですから、誰にでもできる仕事ではありません。とはいえ、店舗で働くよりもやりがいを感じることは多いので、管理薬剤師の後はエリアマネージャーを目指すのが適当でしょう。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!