トップページ > 薬剤師の年収800万の事例

薬剤師の年収800万の事例

薬剤師では年収800万が高収入のボーダーラインとされています。さまざまな分野、業種から需要が高まっている資格ですが、どの仕事でキャリアを重ねても700万台で頭打ちになるケースが多く、800万を超えられるかどうかが高収入を目指すうえでひとつ目標となるのです。では実際に年収800万を超えている人はどのような環境で働いているのでしょうか。年収800万の事例を見ていきましょう。

薬剤師の年収は職種をとわず400万〜450万程度からスタートします。スタートラインではみなほぼ同じなのです。その後どれだけ昇給していくことができるかが鍵となります。調剤薬局の場合、安定した就業環境と昇給が期待できるものの、そのペースは鈍く、600万台でピークに達してしまうことがほとんどです。高年収の事例でもっとも多いのが製薬会社で新薬開発を担当しているケース。30代で700万台、40代に入って800万を超えるパターンが多く、安定した雇用環境と高収入の両方が期待できる事例といえます。

年収800万の事例としてはもうひとつ、成果主義を徹底している職場で活躍するケースが考えられます。20代の半ばくらいまでは調剤薬局や製薬会社で地道にキャリアを重ね、スキルを身につけたうえでMRや品質管理薬剤師、ドラックストアといった結果が求められる職業に転職するのです。この場合、比較的早い段階、30代の半ばくらいまでに年収800万、さらには1000万を越えるケースも少なくありません。ただ、つねに結果が求められるため、1度得た年収水準を維持するために日々努力と精進を重ねていく必要があります。そのプレッシャーに耐えられるか、やりがいをもって仕事を続けられるかどうかが鍵となります。

こうして見ると年収800万の事例では薬剤師の資格にプラスして個人の能力や実績が求められることがわかります。自分にはとても望めそうにない、と考えてしまう人も多いでしょう。ただ他にも事例がないわけではありません。もっとも有望なのが地方での勤務。薬剤師が不足している地域からの求人では年収800万を超える待遇も見られます。しかも調剤薬局や医療機関での勤務で、結果に対するプレッシャーもそれほどなく働くことができる仕事です。ただ人手不足の環境で働くため勤務時間がやや厳しい点、交通の便や日常生活でやや不便な思いをする点などがネックとなるでしょう。

薬剤師が年収800万超えを目指す場合にはやはり特別な「何か」が必要となります。能力的に、あるいは性格的に満たせる職場を見つけ、そこで高収入を目指して精進するのが一番の近道となるのではないでしょうか。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!