トップページ > 薬剤師の年収600万の事例

薬剤師の年収600万の事例

薬剤師不足が叫ばれている昨今、実は新卒者の年収が350万円から400万円とされていた薬剤師業界に変革が起きているようなんです。薬学部生に高収入を提示し、囲い込みに走る企業が急増しているということなんですね。パートの時給も驚くほどに跳ね上がり2倍なんてところはザラだというのが現状のようです。

一般的にこれまでの薬剤師といえば、500万円台からの収入アップは、何気に大変で時間がかかると言われてきましたが、現代においては、新卒者でも600万円からのスタートなんてところも出てきているのが現状なんですね。

実は2006年に大学薬学部が4年制から6年制に移行して、2010年から2011年は、新卒の薬剤師が誕生しないという空白の2年間事件が起こったことも、この賃金上昇のきっかけの一旦を作ったとされています。つまり2012年という年が約3年ぶりの新卒薬剤師が誕生する年だというわけです。

ですからどこの企業も病院も、獲得に必死になり、現代の新卒薬剤師の中では、初任給から600万円の大台からスタートするという事態が起こっているのです。今年度の卒業予定者は9000人という人数に対して、あるドラッグストアなどは1500名もの採用計画があったとされています。

しかし現状は病院の人手不足が原因で、採用予定の6割にも人材割れを起こしているという結果があるようです。調剤薬局や、病院施設で600万円という把握の給与を、新卒の段階から出されることは少ないと言ってもいいでしょう。しかし大手のドラッグストアや、製薬会社などであれば、いきなり新卒者にでも600万円の年収を約束することは、何気に多くみられているのです。

それまでの薬剤師の就職先といえば、調剤薬局や病院勤務が主な就職先だったわけですが、これを機にこれから数年間は、ドラッグストアや製薬会社などの企業薬剤師を目指す若者が増えることが予想されます。

当然に現在就労している年収アップも考えられますから、500万円台からの脱却を図るには、ドラッグストアや製薬会社への転職を考えれば、この後数年は、600万円以上の収入を獲得することは、割合容易にできると考えることができるでしょう。第二新卒者や、年齢がまだ20代という薬剤師であれば、転職を考え、年収の良い職場に的を絞った方が年収面では潤う可能性が高いと言える世の中になっているのです。こういった情報は、医療系に特化した転職支援サイトを利用すれば、より詳しい地域の現状なども把握することができ、一気に収入面がアップすることにつながりますよ。

>> TOPページで薬剤師の年収アップが無料でできるサイトをチェック!


>> 地方公務員の薬剤師になる方法はこのサイトをチェック!