トップページ > 1年目の薬剤師年収

1年目の薬剤師年収

1年目の薬剤師の年収は、どこで勤務するかによってかなりの違いがあります。また薬剤師の場合、もちろん経験が関係する場合もありますが、店舗によっては全く関係なく、新卒でも驚くほど高給与で採用されることもあります。地域や店舗による差が大きいのが、薬剤師の年収の特徴なのです。

特に年収が高いのは、意外にも田舎の薬局です。都心に行くにつれて物価は上がりますから、地域の平均年収も上がっていくものなのですが、薬剤師に限っては現在田舎の薬局では深刻な薬剤師不足になっています。単に働く人がいないというのではなく、薬局の場合は薬剤師の資格がないと医薬品の販売ができなくなるため、必ず薬剤師の採用をする必要があるのです。そのため、とにかく薬剤師の有資格者ということで、新卒であっても田舎の薬局に行くと年収600万円や700万円で採用されることがあります。

また、東京でも大阪でも、人口が多いところは薬剤師も多いため、給料が高騰することはありません。ただし、全体的に郊外に行くにつれて薬剤師不足が進むため、通常の薬局であっても、年収400〜500万円での採用ということになっていきます。調剤薬局の場合は、一般企業に比べて初任給は高いものの昇給率がそれほど高くないため年収400万円でスタートして600万円で頭打ち、ということも珍しくありません。生涯賃金で言えば、それほど高くないのですが、1年目の給料というのであれば調剤薬局やドラッグストアなどが高くなるのです。

一方、意外と1年目の給料が安いのが、病院勤務の薬剤師です。病院勤務の場合研修や勉強会があるところも多く、スキルアップも大変なのですが、それも年収300万円台というのがほとんどでしょう。大きな総合病院や大学病院でもそのくらいです。ただし、病院勤務のほうが企業と同じで着実に昇給するため、生涯年収で言うと薬局勤務を逆転するケースは多いです。また、病院の規模によっては夜勤もあるので、その場合は夜勤手当がつきます。

製薬会社のMRなどは、営業的な側面が強いので、1年目であっても売り上げがあればその分給料には反映されます。全般的に、MRの給料は高い方ではあるのですが、1年目だと売り上げに応じて400〜700万円というところでしょう。個人の力量によるところが大きいので、金額には個人差が現れますし、基本給を抑えてインセンティブの大きい会社か、インセンティブを抑えて基本給を高くする会社かによっても違ってきます。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!