トップページ > 薬剤師の年収1000万の事例

薬剤師の年収1000万の事例

薬剤師の職場は、ドラッグストアや調剤薬局、そして病院や医薬品会社などの企業薬剤師としての活躍の場があります。薬剤師自体の平均年収は、相場が500万円から600万円前後となっており、500万円台になるには、新卒から3年目以内という割合に早い時間で実現させることができる業界というのが、一般的です。

さまざまな職場があるわけですから、当然に年収の差が生まれるのは当然だと言えるでしょう。その中でも差異が顕著に見られるのは、ドラッグストアですね。同じドラッグストアでも、売上やチェーン展開をして全国規模であるのか、地方限定や、その地域限定のドラッグストアなどかによっても、かなり収入面での差があることでしょう。400万円台のドラッグストアもあれば、700万円以上を稼ぐことができるドラッグストアもあることでしょう。

全国規模で考えた場合、全国展開されているドラッグストアであれば、損卒者でも年収で600万円を提示しているところもありますから、店長クラスになった場合には、1000万円の年収を期待できるところもあるようですね。しかしながら現実にそういったドラッグストアに転職をすることは難しいのは当然のことです。

一般的にはドラッグストアなどよりも、製薬会社で働く企業薬剤師が一番その可能性が高いとされています。製薬会社での薬剤師は、薬剤師本来の仕事内容とは違う場合が多いですね。まずは考えられるのは、薬剤師の知識やスキルを活かして、営業職になることです。営業は成果主義で年収を査定されるところがほとんどですから、自分が売れば売るほどに年収は増加していきます。頑張れば、たった数年で1000万円という大台の年収を稼ぎ出すことも可能でしょう。

ただし製薬会社などの企業薬剤師の場合には、新卒時の年収というものが、他の職種の薬剤師と比較して低いということが挙げられます。また成果主義ですから、安定した収入というものも、期待できない。こういったデメリットはあるということをしっかりと頭に入れておきましょう。ただ生涯の年収というものを考えたとき、仕事をしっかりとこなすということが前提としてありますが、圧倒的に収入が多いのは企業薬剤師であるということが言えるのです。

企業薬剤師として、やっていける適正やスキルが知りたいのであれば、医療系転職支援サイトに登録し、キャリアコンサルタントに相談をしてみるということが、一番の近道であると言えるでしょう。

年収アップ向け!薬剤師求人サイトランキング!